IMG_0065.JPG
shibaidokoro                              hanayota

芝居処 華ヨタ

「​気ままに、華のある人生を 」

「芝居好きの人が集まる場所へ」

を、モットーに演劇活動中。
演出家の内田を中心に「演劇表現の追求」や「ものごとの解釈」に

焦点を当て既存の名作や提供新作に挑んでいる。
観劇後「今現在の私」と「想像、創造の中の私」の両方を受け入れたくなるような演劇体験が持ち味。

「演出」「戯曲」「役者」「舞台美術」「舞台照明」「舞台音響」「衣裳」「メイクアップ」「小道具」等、演劇行為に関わる一つ一つを芸術的表現方法だと再確認し、総合芸術としての対話を重要視した作品造りにこだわり続けている。

​MEMBER

ABOUT

​最新公演

IMG_0673.PNG

​NEWS

​『カバはヒポポタマス』詳細公開!

芝居処 華ヨタ 関西演劇祭2022参加作品

『カバはヒポポタマス』

作:ビト

演出:内田 達也(芝居処 華ヨタ)

 

▼会場

COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール

 

▼出演者

矢野 渡来偉 (芝居処 華ヨタ)

吉田 将 (大旅軍団)

長山 知史 (創造Street/大旅軍団)

武内 日向子 (喜劇結社バキュン!ズ)

柴野 航輝 (創造Street/大旅軍団)

近藤 輝一 (黄色団)

畑中 咲菜

ほか

 

▼スタッフ

美術 田尻 尚大

制作 村上 優希 (芝居処 華ヨタ)

制作事務 境 千尋 (芝居処 華ヨタ)

関西演劇祭2022 チケット販売開始!

▼あらすじ

「ヒポポタマスだ!ヒポポタマスが出たぞ!」

昼間。突然の叫び声と車の衝突した音がする。

町中にカバが出たことに驚く大学生四人組。その中の二人が騒ぎを見に行く。

帰ってきた二人が言ったのは

「ヒポポタマスはヒポポタマスでカバではない。」

残された二人の男子大学生は困惑する。

「自分達の知っているカバと違うのか。」

沢山の野次馬が「ヒポポタマスはヒポポタマスでしかない」と声を張り上げる中「ヒポポタマスは日本語でカバだからカバはヒポポタマスで、ヒポポタマスはカバだ。」と主張する二人の運命は。

芝居処 華ヨタ 参加日程

11/12 (土) 18:00~

芝居処 華ヨタ/ラビット番長

11/14 (月) 19:00~

芝居処 華ヨタ/劇団イロモンスター

11/18 (金) 15:30~

TAAC/芝居処 華ヨタ

 

▼料金(全席指定)

前売:一般4,000円/学生3,000円

当日:一般4,500円/学生3,500円 

1日券:2公演7,000円/3公演10,000円

▼芝居処 華ヨタ 劇団専用予約URL

https://yoshimoto.funity.jp/2022/09/26/post-24515/

関西演劇祭2022に参加が決定しました!!!

芝居処 華ヨタ 上演作品

『カバはヒポポタマス』

開催期間 2022/11/12〜20

 

「関西演劇祭2022」

   つながる演劇祭

   劇団と観客がつながる。

   関西と世界がつながる。

   参加するすべての人と

   つながる演劇祭。

関西演劇祭2022公式ホームページ

https://kansai-engekisai.com/

221010_関西演劇祭2022_ビジュアル_sRGB.jpg

芝居処 華ヨタ

​『トカトントン』(原作:太宰 治)